ナビゲーション トップページ ニュース バイオグラフィ ディスコグラフィ フォト ブログ リンク お問い合わせはこちら
ナビゲーション
ナビゲーション

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年も変わらず大変皆様に大きな力を頂き
感謝の気持ちは言葉に出来ません。

熊本ではイベントを含めたたくさんのライブをやり
中でも東京では2度のライブ、
一度目は災害の時
電力や電車や知人のこともたくさん考えてのライブ でした。
そしてクリスマスは、2部制でゲストを呼んでハプニングあり?
楽しい時間を一緒に過ごせまた、個人的には多くのことを考えさせる
ライブでもありました。

皆さんが応援してくれているおかげで全て
大成功!!そう考えています。
本当にありがとうございました。

そして、ここまでやって来たことを考えて
今年はソロ活動を明確にして音楽をやっていきたいと思います。
今までもソロとバンドの垣根があやふやな環境で
メンバーには大きな負担をかけてきました。

それをココではっきりさせようと決めました。
大好きなバンド環境はいつもより居心地がよく
知らず知らずにたくさん甘えて・・・
時間が過ぎていくことに慣れてしまいます。

ということで、昨年以来ずっと言えずにきたことは
バンドを休止、
これからはソロ活動をメインに進んでいくということです。
何度となく言える機会を探して・・・結局ココまで来てしまいました。

これはりゅう自身のいろいろな環境変化が大きな原因の
ひとつです。そのことでバンドメンバーに負担をかけることは
避けていきたい。そんな考えがあります。

「晴れやかな顔をあげよ、青年よ、
きみがいま立っているところで。
かがやくばかりに美しい君の優雅な姿を示せ」
{※ホセ・リサールの言葉 フィリピン独立の英雄}

新年こんな言葉が目に付きました。
こんな気持ちで青年ではありませんが
苦難にも負けず勇気を持って行動をしていきたいです。

いつも言うことですが音楽で生きていくことは大変ですっ。
それでも「よい詩を創りみんなの心に届くのならりゅうは
これからも音楽を続けたい」

いまはそんな気持ちでいっぱいです。
どうぞご理解お願いいたします。
そして、これからも丸山正剛、森田克則を応援よろしく
お願いいたします。

最後にとまる事はありません。生きているうちは?
へへへへへへっへ
これかも生きてま~すっ!

りゅうこうじ 


「ホセ・リサールと日本」所収の詩の言葉

 


my space
inserted by FC2 system