ナビゲーション トップページ ニュース バイオグラフィ ディスコグラフィ フォト ブログ リンク お問い合わせはこちら
ナビゲーション
ナビゲーション
『笠浩二』による音楽ワークショップを開催いたします

2011年夏に開催した「笠浩二の音楽ワークショップ♪」
ドラムコース、ヴォーカルコースともに全3回を無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
各コース1名ずつの方より感想文をいただきましたので、こちらに掲載させていただきます。

ドラムコース参加者感想文

今回のワークショップでは、スティックの持ち方、ドラムセットの構造などから、初心者でもわかるように丁寧に、丁寧に教えていただきましたね。

先生自身がどんな風に練習しているかという話も、
イメージと違ってとっても興味深かったですし、

先生の実演やプロならではの裏話(?)に胸が躍りました。

特別講師:克先生との演奏にはびっくりしましたが、その何倍も楽しかったです。

また、セッティングのポイントや、ノリ方で印象が変わること、
決まりごとはないんだという自由な精神などなど、

ここには書ききれないほど学びや気付きがたくさんあったワークショップでした。

お話の所々で難易度がグンっと上がることもありましたが、
頂いたアドバイス一つ一つを大切に、

ノートを見直しながら、これからも精進していきたいと思います。


最後まで緊張しっぱなしでしたが、素敵なドラム仲間との出会い、

そして何物にも代えがたい貴重な経験は私たちの宝物です。

次回、もし同じような機会があれば、またみんなで参加したいと思います。

その時は各自名札を付けていきますね(^_-)-☆


「心から出づ。願わくは再び心に至らんことを」

笠先生の心から発信されたものは、私たちみんなの心にしっかり届いたと思います。




ヴォーカルコース参加者感想文

全3回のレッスンの初日は、参加者全員の音域を調べていただくことからはじまりました。声を出すことにも緊張しているくらいでしたが、りゅう先生が、顔の体操で声の出がよくなるよ!と、実演を交えながら優しく楽しく指導してくださいました。

小学生の女の子の参加者には、素直な歌い方を覚えようねーとのこと。

のどを痛めてしまわないように。
また、自分の「明るい声」をみつけて、「心」のある歌い方をしましょう・・・などなど、基本から、なかなか教えていただけないようなプラスアルファなことまでもりだくさん!学ぶことのできた初日でした。

家での発声練習の仕方も伝授していただき、課題曲はC-C-B「Forever 」と発表が。あの美しい高音の曲を歌えるかな・・・?

2回目はりゅう先生アレンジの課題曲カラオケ音源をいただきました。
この曲の作詞作曲の筒美京平、松本隆両氏のお話もまじえて、どう歌ったらよいのか一人ずつ指導していただきました。
譜面どおりでなくてもいい、言葉をメロディにのせること、伝えること、それが大切となのだと、水がしみこむように理解できたレッスンでした。気がついたら休憩する時間もなくあっという間にレッスン終わってしまいました。


最終日の3回目はなんとレコーディング!
緊張しましたが、教えていただいたことを思い出しつつ、歌う努力はしました(^^ゞ後日データをいただけるそうで、一生の宝物になりそうです。
それだけでなく、この3回のレッスン中、目に見えないものも何か得たような気がします。それを今後も大切にしていきたいと思います。
次回もこのような機会があったらぜひ参加させていただきたいです。

ありがとうございました。




ワークショップの詳細はこちら>>


 

inserted by FC2 system